読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなケチブログ

皆がケチって教えてくれない本当のことが書いてあるブログ

他人のことより、自分のことが全く解らないからブログを書くのです

雑記

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

「ブログとは」そんなことを考えると僕はいつも頭がこんがらがってしまう。僕は人前で何かを表現することが苦手だし、出来るだけ現実世界では目立ちたくないと思っている。正確に言うと、たわいもないことで目立ちたくはないけれど、いつか真に凄いことを成し遂げた際には目立ちたいとも思っている。世間様が僕の何かを褒めてくれても「そんなことで浮かれて顔を赤らめることは滑稽だ」と自分で自分をたしなめてしまう。「上には上がいるのだから世間の評価を間に受けたら近い将来恥をかくことになるぞ」と。自分で言うのは変な話だけれど、その点、僕の自己承認に対するハードルは世間一般よりも高いのかもしれない。

 

歳を重ねて思うのは「自分のことは自分が一番よく解る」なんて言葉がまったくの嘘だってこと。他人の深層心理は若かりし頃より解る様になってきていて、他者の言動や行動が自分の理想から外れたものであっても、どうして他者がそんなことをしたのかの想像が付くから大概のことには目をつぶることができる。それを世間的には「思いやり」と言ったり、悪い部分にフォーカスして言えば「諦め」と言ったりするのだけれど、その反面、自分のことは相変わらず良くわからない。なぜくだらないことで悩んでしまうのかとか、なぜ些細なことに苛立ってしまうのかとか、感謝の気持ちを表することに照れくささを覚えてしまうのかとか、自分自身への不甲斐なさが染みる。取るべき正しい選択が解っているのに、幾つになっても理想どおり対応出来ない自分に辟易することがある。

他者に対しては許したり、諦めたり、いずれにしろ寛容になってきているのに、自己への評価基準は北島康介が五輪出場を逃した際に注目された派遣標準タイムと同じく、日々刻々と高まっている。他者へのそれとは反比例に。

 

ただ、視点を変えると僕は僕自身を過保護にしている場合があることに気がつく。例えば、他者が些細な成功を収め賞賛を受け喜んでいる時、僕は「そこまでの成功ではない。そんなことで喜んでいてはそのうち足元をすくわれる」なんてことを考えるときがある(もちろん表には出さない)。この時、内面では、僕は僕自身の自己承認のハードルが高いことを賛美し、逆に成功し喜ぶ他者を相対的に低く評価している。自分自身のハードルが高いのに、自分自身の評価が高いという状態は一体なんなのだろうか。自分なんてまだまだと卑下しつつも深層心理では自己を承認し、正当化している自分がいる。それに気が付き、相対的に他者を低く評価していたことを反省し自分自身を戒めたりもする。

 

若者にある思い切りの良さを失った僕には慎重さが備わり、その慎重さや思慮深さは今の僕の売りでもある。若い頃の僕よりも今の僕は成長していると思うし、何に挑戦するにしても成功の可能性は自分史上では過去最大だと思う。ただ、自己承認のハードルは同速度もしくはそれ以上の早さで高まってきていて、もはや胸元にまで迫ろうとしている。ハードルの高さを慎重に見極めることは成功を収めるうえでとても大切なことだけれど、結局はいつかどこかで自己を承認しジャンプしなければハードルを飛び越えられるタイミングは永遠に訪れない。他者と自分を相対的に見比べることもまた大切なことだが、今の僕がしがちな「僕と他者の比較」は僕自身がいつまでもジャンプしないことを正当化するための手段でしかない様に思われる。つまりそれは自分自身のハードルを高くしているという様なかっこいい例えが似つかわしいものではなく、失敗を恐れいつまでも飛び出せないで足を震えさせている自分の存在を認めたくないが故、他者を出汁としているだけに過ぎず大変にみっともないことだ。

 

 

 

自分に厳しい俺カッケー。

 

えぇ、自分を褒めたい時、僕はブログを書いている。