読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなケチブログ

皆がケチって教えてくれない本当のことが書いてあるブログ

ブログを見ている99.999パーセントの凡人たちに捧ぐ

雑記

1日1歩。3日で3歩。3歩進んで2歩下がる

これは、水前寺清子の「365歩のマーチ」という歌の一節。つまり3日で僅か1歩。
人生は困難の連続であると、うん十年生きた僕はそう思う。僕の様な凡人の人生は、楽しいことより辛いことの方が多いし、勝つことより負けることの方が多いし、突発的な収入より突発的な出費の方が多い。
けれど地球は回るから、僕ら庶民はコツコツと前に進み何とか乗り切ろうっという、そんな悲しき人生を明るく元気に歌うこの歌は素敵だ。

 

僕がただ無駄に歳を重ねたおっさんではないと信じたい

歳を重ねるにつれ僕は見識を高めている。若かりし自分には別の魅力があったかもしれないけれど、愚かだったし、視野が狭かったし、悪い意味で我武者羅だった。無鉄砲が故に経験できたこともあったわけだから一長一短なのかもしれないけれど、やっぱり今の自分の方が優れている。
タイムマシンがあって若かりし自分に会えたなら「好きなことで高みを目指せ、本気で長く続けていれば夢が叶うとは限らないけれど、行き着くところに落ち着く。そう悪くはならない」なんて熱い言葉を投げかける。中途半端な才能よりもコツコツと努力することの大切さを説く。「そもそも君に特別な才能なんてない」と。

f:id:the99:20160402093915j:plain

 

真の才能には勝てない。でも真のコツコツって結構強いよ

「1日1日、人より少し多く努力を続ければ大抵のことは上手くいく。長く努力できる奴なんてそうそういない。好きでもないことを努力しても身にならないから、好きなことのポイントはをよく見極めてから始めないといけないよ。例えば、『食べるのが好きだから飲食業を始める』とか馬鹿なことを言うんじゃない。食べてもお金なんて稼げない、稼いだお金で美味しいもんを食べるんだ普通。食べてお金を貰えるのなんて山下真司彦摩呂くらいだ。
 
そうじゃなくて、どうやってお金を稼ぎたいかということ。こんな考え方をしてみたらどうかな。ハンバーグが好きだから自分のために日本一の、否せめてこの辺で一番のハンバーグを作ってみる。ネットがあるからレシピなんて山ほどあるし、そのどれにも負けないハンバーグが作れたら毎日美味しいハンバーグが食べられる様になる。それで君は繁盛するハンバーグ屋を開業でき、しかもその店は人を幸せにすることができる。あと、君は雇われの身が性に合わないようだから、何がしたいかと共に『どう働きたいか』を考えておくべきだ。多分早々と独立すべきだね。そこまで考えて飲食業を始めると努力のベクトルを誤り辛いだろうね。まずは自分が幸せになるイメージを持ち、正しい方向に努力し、少なくとも身近な周りに勝つこと。」   
 

「もう遅い」なんて言い訳。コツコツできる奴にはチャンスがくる

こんな考え方を早く身に付けていれば、僕は時代の寵児にはなれなかっただろうけど、人が羨む職に就き、満足のいく収入を得ていたと思う。だから若いうちに、自分が尊敬できる大人(夢追い人は除く)の知り合いを持ち、話を聞くことはとても大切。 
今の歳からじゃ遅いなんてのは言い訳なので、十年後の自分に"愚かで視野が狭い"なんて言われない様に僕は今好きなことをコツコツ頑張らなければいけない。こんなおっさんがコツコツと頑張ってるんだから、凡人諸君な若者たちもコツコツと頑張りたまえ。されば未来は明るい。  
タイムマシンと時空の科学 (図解雑学)

タイムマシンと時空の科学 (図解雑学)

 
平凡

平凡