読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなケチブログ

皆がケチって教えてくれない本当のことが書いてあるブログ

湊かなえ「告白」を読みました

中学女性教師の育てる一人娘(愛美)が学校のプールに落ち、溺死により命を落としました。
 
シングルマザーであるが故、時折職場に娘を連れて来ざるをえず、中学校に幼いその子のいる光景は生徒たちにとっても見慣れたものではありました。そのため、今回の学校で起きた小さな女の子の死を警察は事故として処理し、世間でも日常の中で起きた悲劇であると考えられていました。
 
しかし、終業式を迎えた平凡な中学校の平凡なクラスにおいて、クラスの担任を務めるその女性教師によりある「告白」が行われます。
「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです」

 

湊かなえの「告白」を読みました。

普段あまり読書をしない僕が有名なこの著者の作品を読むことは、ハッキリと覚えていませんが、初めてだったかもしれません。
何気なくブックオフで見かけたこの作品を手に取り読み終えるまでに長い時間はかからず、話の先を知りたい、そう思わせてくれる良作だったかと思います。
 
話は全6章からなり、第1章は女性教師の、第2章はそのクラスの学級委員の、第3章は事件当事者となった少年の母親の、、と各章で主観が変わり同じタイムラインでのそれぞれの心情が繊細に綴られ、前章で起きた出来事、行為がどの様な心理で行われたのかということが、別の観点からの証言により章を追うごとに明らかとされていきます。
その証言は、こちらの思惑をスッキリさせたり、意表を突く結果だったりするものでしたが、それぞれの心理描写や背景設定は綿密に構築されており、非現実的な世界にリアリティを与えます。
 
時に起きるニュースの世界での浮世離れした事件を、更にフィクション小説として完成させたこの作品。松たか子主演で映画化もされ人気を博しましたが、それも納得できるものでした。
 
ブックオフに行けば多分100円で販売されています。手に取ってみてはいかがでしょう。 

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]