読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなケチブログ

皆がケチって教えてくれない本当のことが書いてあるブログ

「おーいお茶新俳句大賞」を君は知っているか?

お役立ち

世界一有名な俳句コンテスト「おーいお茶新俳句大賞」

日本人なら誰もが目にしたことのあるであろう「おーいお茶新俳句大賞」。皆さんもご存知のことでしょう、伊藤園「おーいお茶」のペットボトルに載ってるあれです。

いつの間に人知れず始まったこのコンテストも早いもので第27回目の開催となりました(応募締め切り)。知っているけど良く知らない世界一有名な俳句コンテストを紹介します。 

 

おーいお茶新俳句大賞とは?

いつ創設されたのか?
おーいお茶新俳句大賞が始まった年はなんと1989年(昭和60年)、おーいお茶の発売に合わせて始まりました。そんな前からあったなんて意外ですよね。
コンテストの背景(伊藤園ホームページより)
このコンテストを始めた背景には、1989年が松尾芭蕉の「奥の細道」紀行300周年にあたるということ、その前年に歌人俵万智さんの「サラダ記念日」が260万部も売れるなど、伝統的な短詩形文芸の世界への関心が高まりつつあったことがあります。カルチャーセンターなどでは、このころから俳句や短歌の講座に人気が集まるなど大衆化の兆しが感じられましたが、自身の作品を発表する機会はほとんどなく、どこかでその成果を発表したいという欲求が広がっていました。そこで、当社は「お~いお茶」という「商品」を発表の媒体に使っていただこうと考えたのです。
 
部門について
第一回では「高校生の部」「大学生の部」「一般の部」の3部門のみだったコンテストも、第26回大会(平成26年)では英語部門を含む6部門(下記参照)にまで増え、応募数も約176万句(内約9割が小中高生)と驚異の数字を叩き出しています。このコンテストが俳句文化の存続のために果たしている役割ってとてつもないですよね。馬鹿な歌舞伎役者のボンボンに払う補助金があるなら、こういう使い方を希望します。
  • 小学生の部(幼児含む)
  • 中学生の部
  • 高校生の部
  • 一般の部A(40歳未満)
  • 一般の部B(40歳以上)
  • 英語俳句の部(年齢・国籍問わず)

 

賞品と審査員について

賞品について
俳句はいい趣味だと思いますし、僕も読むのは割と好きです。というか、それを読みたくておーいお茶を買ったこともありますが、応募数176万句は想定の範囲外ですね。一体何が彼らを突き動かすのでしょうか、賞金を見てみましょう。
 
文部科学大臣(日本語俳句より1名様)
 
賞金50万円、受賞作品額、受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
・大賞(各部門より1名、計6名様)
 
賞金20万円、受賞作品額、受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
・優秀賞(各部門より7名、英語俳句は9名、計44名様)
 
賞金5万円、受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
・審査員賞(日本語俳句より9名、英語俳句より2名、計11名様)
 
賞金3万円、受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
・後援団体賞(日本語俳句より10名、英語俳句より1名、計11名様)
 
賞金2万円、受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
都道府県賞(各都道府県より5名、海外より5名、計240名様)
 
賞金5千円、受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
・佳作特別賞(日本語俳句より1,687名様)
 
受賞作品掲載「お~いお茶」、入選作品集
 
・佳作部門を問わず5,000名様)
 
入選作品集
 
・優秀学校賞(団体応募学校の中で5名様以上が入賞した優秀校に授与)
 
受賞作品掲載「お~いお茶」、額付き賞状、入選作品集
 
・団体応募賞(入賞入選に関わらず、積極的にご応募いただいた学校や団体、100団体)
 
額付き賞状、入選作品集 
 
 
割と生々しい額の賞金が出ます。文部科学大臣賞などもありますので、学校の授業の一環として応募たりもするのでしょう。単純にクラスの中で俳句を読むよりも盛り上がりそうでいいですね。
 
審査員一覧
浅井愼平(写真家)・・解る人には解るクイズ ヒントでピントの人(象印賞)
 
安西篤(俳人)・・俳句会の重鎮、親分否会長
 
いとうせいこう(作家)・・テレ朝の伝説の深夜番組 虎の門の司会者
 
金子兜太俳人)・・幾多の賞を根こそぎ受賞。俳句会の賞レース荒らし
 
金田一秀穂日本語学者)・・国語辞書の代名詞 金田一京助氏の孫。
 
黒田杏子(俳人)・・結社「藍生」の主宰。結社の響きが怖い。
 
宮部みゆき(作家)・・あの宮部みゆき。こんなところに登場するんだ。
 
村治佳織(ギタリスト)・・ブローウェル国際ギターコンクールで優勝。面白い人選
 
吉行和子(女優)・・多くの人が観たことあるけど名前を知らない、まさに名脇役。
 
エイドリアン・ピニングトン(日本古典文学研究者)・・エイドーリアーーン!
 
星野恒彦(俳人)・・俳句会の重鎮、親分否会長 

 

どんな作品が受賞してるの?

直近の受賞作
第26回 文部科学大臣 「りょうはしにぶらさがりたい三日月だ」
福岡県  8歳 女の子の作品。子供らしくて微笑ましいですね。50万円ゲットで す、羨ましい。(大臣賞か大賞受賞者が中学生以下の場合、半分は学校に寄付されるというルール有)
 
過去の受賞作品から僕のおすすめ
ここ5年分で目に付いたものをピックアップしてみました。大人の作品を見ると上手いっ!と感じる作品が多いのに比べて、子供の作品は面白いっと感じるものが多いです。やはり、子供は視点が違うんでしょうね。たまに子供の部門に大人の香り漂う作品も紛れてますが、深入りなんて野暮なことはしません。
 
第23回 文部科学大臣賞「河馬駱駝そして僕らに春の雲」
愛知県 81歳 男性の作品。もはや意味わからないですね。でも将来、この俳句の深みを理解できる日が僕にも来るんでしょう。俳句は深い。
 
第23回 都道府県賞「富士山は化粧してるから女の子」
静岡県 14歳 女の子の作品。これは凄い好きですね。この発想は無かったわっていう、自分とは異なる彼女の感性が575に凝縮されてます。
 
第22回 文部科学大臣賞「水切りは銀河を走る小石かな」
富山県 11歳 男の子の作品。11歳ですよ。11歳でこれを書けるって凄いですよね。

 

昔の受賞作も見てみよう
コンテストが始まって間もない頃の作品も紹介します。アマチュア臭が強くて、これはこれでいい感じです。
 
第1回 高校生以下部門 大賞 「十三才パパをおやじと呼んで夏」
男の子の作品。まだまだ応募数が約4万句と、注目を浴びていない頃の垢抜けない感じが伸びしろですねー。
 
第5回 小学生の部・幼児含む 大賞 「ねるまえにもう一ど見る雪だるま」
男の子の作品。子供のころを思い出します。素直に懐かしい気持ちになります。
 
第5回からは英語部門も開始されました
第5回 英語俳句の部 大賞
Crabs searching
the stars fallen on the sea
the sky rummaged by claws
(直訳:海に落ちた星を探す蟹たち…その爪あとを大空に…) 
ルーマニアの方の作品。なんか長くね?英語俳句は語呂合わせが難しいのかな。
 
第16回 外国語俳句 優秀賞
Windy day―
on the windshield slide idly
cumulus clouds
直訳:風の強い日― フロントガラスの上を むなしくすべる積雲
ルーマニアの方の作品。うん、ルーマニア人は俳句好きなのかな。少し日本人の考える俳句っぽい語呂になってきたような。スロベニアとかセルビア・モンテネグロとかレアな国でも盛んな様で嬉しいですね。
 

最後にひとこと

ブログを書いていると思いますが、文章を書くことって面白いです。今回のブログは「おーいお茶新俳句大賞」の紹介する記事なのでクリエーティブなものでは無いですが、雑記系なんかは創作性があります。その経験を踏まえると、俳句づくりもきっと楽しいと思うのです。575という短い枠に言葉を当てはめ、自分の感情を伝えるというゲーム。僕も来年は応募してみようかなと思います。

 

千文字の僕のブログと五七五

どちらの中身が濃いかは微妙   (赤面)

 

ツイッター みなケチ (@minakechi) | Twitter

お?い俳句 伊藤園お?いお茶新俳句大賞傑作選

お?い俳句 伊藤園お?いお茶新俳句大賞傑作選