読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなケチブログ

皆がケチって教えてくれない本当のことが書いてあるブログ

学校を辞めたい君に

雑記

その服が素晴らしいとか、ろくに思ってもいないくせに褒めるロクデナシな人を僕は軽蔑しているんだ。それに気が付いているのか、表出しないのか、それを言って同調してくれそうな同士のなんて少ないことか。社会に出るとこんなストレスは付き物になる。

隣の席の君が僕の気持ちを概ね解っているならば、少しは気休めにもなるんだけど、きっとそうではないんだ。価値観の共有には青春時代の共有が1つのキモになる。

 

人類の一番の不幸は孤独か貧困か、不自由か。

 

いずれにしろ、理解者がいないことの卑屈になる気持ちを考えると、人間の一番の不幸は孤独なのかもしれない。

 

学校を辞めたい君は学校になんて行く必要はない。

ただし、君は働き、税を納める必要がある。正確に言うと、収入を得て税を納める必要がある。親の遺産のマンションを人に貸し、家賃収入を得てもいいし、人と接しない単純作業に一生を捧げコツコツと生きてもいい。君の自由だ。もちろん普通のサラリーマンとして、当たり前の収入を得て、当たり前の納税をしてもいい。学校に行かずとも生きていける。

 

不安にはなると思うよ。人と違うレールを歩くんだ。周りに人はいない。いたとしても大抵は敵だ。

 

君は学校に行かないことを選択して、らくな人生が待っていると思うのならば、思い直すべきだ。今までと違う道があるだけで、楽ではない。普通の人にとってはより厳しい道のりだ。レールから外れるっていうのは厳しい道を選ぶってことだ。楽ではない。ただ、君がもし、どうしても学校に行きたくないのなら行くのをやめていいと思う。人生に絶望してしまうのなら、休むべきだ、道を外れるべきだ。

 

大変だ、前例も少ない、支援者も少ない。

だけど、その分、君に多くの裁量が与えられる。学校では、何を学び、何を仕事にし、どんな奴らを仲間にするかは限られている。レールを外れた君を待つのは宇宙だ。どんな生物がいるかは解らないし、そこには酸素が足りないかもしれない。ただ、君は自由だ。

 

自由という恐怖を楽しむ様になるには、人生の経験値がいる。若者の君にはまだ早いだろう。楽しめる様になるまでは、ただただ恐怖や苦痛や悲しみや孤独が付きまとうだろう。その倦怠期を越えれば人生は素晴らしいものになる。耐えられるならば。君はそれに耐えられるか。

 

学校に行くことを耐えられない奴には耐えられないかもしれない。君は強くならなければならない。学校に行き続けようとも、学校を辞めようとも、君は強くならなければならない。時間は君を強くする。悲しみに暮れることも、喜びに浸る時も、人との繋がりは君を強く、逞しくする。人との繋がりが怖くとも、君には必要な経験だ。人生は素晴らしい。振り返ってそんな気持ちになるために、学校に行くか行かないかは重要ではない。そんなの関係ねえ。ただ、君は素晴らしい仲間に出会う必要がある。めげずに鍛錬に励んでほしい。はいおっぱぴー。

星が見えずに思うこと

雑記

今日は天気が悪いから、星が見えない。でも、雲の向こうで今も、昼間も僕が寝ている間も星は輝いている。僕の目には映らないだけで、星はいつでも輝いている。

 

世の中にはそんなものが溢れている。

 

彼の絵は変わらないのにゴッホは死後しばらくしてから評価された。どこかの誰かが彼の絵を評価して、それが伝搬しいつしかゴッホの絵が貴重なものという認識が当たり前のものとなった。

 

僕には彼の絵の素晴らしさが正直あまり分からない。例えば彼の代表作である「ひまわり」は霞んだ寂しげな色合いを好きになれない。どこか不安定なタッチはひまわりのハツラツさを感じさせない。(僕は絵を勉強したことがないし、画力もないズブの素人なので、絵をかじったことのある人からは鼻で笑われてしまうかもしれない)

義務教育やテレビなどを通じ、僕の頭にもゴッホ=有名な芸術家という公式が刷り込まれているから、「ひまわり」の油性絵の具がコンモリするまで使うとことか、晩年自らの耳を千切ってしまったエピソードを聞いて芸術家って凄いなと、ゴッホ凄いなとなっていた時もある。

だからつまり、僕は自分が特別だなんてことを言いたいのではなくて、たまたま目が覚めたというだけで、ひょっとしたら今の自分が天邪鬼になっているだけかもしれない。

 

ゴッホは輝いている。少なくともそうだとされている。でも、今の僕はそれが輝いて見えない。僕の「ひまわり」には雲がかかっている。その雲はいつか晴れるかもしれないし、雲が晴れても「ひまわり」という星は僕にはやっぱり輝いて見えないのかもしれない。

 

 

 

僕のブログにファンがいるならば、その人達からすればこの文章は芸術帯びて見えるかもしれない。通りすがりのウェブサーファーからすれば捻くれた盲目ブロガーの駄文に過ぎない。「あれほど輝く星が見えないのはお前の目が悪いからだ」でおしまいである。

 

 

ひょっとしたらこのブログも幾ばくの間、分厚い雲がかかっているだけで、いつの日かゴッホの様に盲目的に素晴らしいと評価される日が来るかもしれない。天邪鬼的に嫌ってくれる人が出て来たら本物だ。

 

いずれにしろこうしてなんの利もない、書くモチベーションもないエントリーで当たり前に題材とされるゴッホはやはり偉大だ。昼も夜も雲の向こうでも輝いている星なのだ。テーマもコンセプトもなくとりあえず千文字書いてみようと書いてきたエントリーを書き終えようとしている今、そんな些細で割とどうでもいいことに僕は気が付くことができた。

 

 

僕はラッセンが好きだ。

ブログ書く気しないから自分のツイートを時系列でハイライトしてみた

雑記

最近は忙しくて書く気が起きないのでブログはサボってます。一方でツィッターではちょこちょこと呟いているので、手前味噌なマイベストツイートをまとめてみようかと思います。

 

記念すべき最初のツイート。

まっ無機質というか無味乾燥というか。冷やし中華の季節ですね。
 

 

これはなでしこジャパンがオリンピック予選で惨敗した時のもの。現実の人付き合いでも同じで、自分の意思をハッキリ示せる人が好きです。

 

これはカッコいい。生まれ変わったらドラムやりたいね。リンク先は消えてるんで動画はこちら。

m.youtube.com

 

満を持して昼の12時に更新しアナリティクスと睨めっこしてたらいつも以上にアクセス少なくて帰りたくなったあの日。あったなー。

 

みんな覚えてますか?ショーンKだよ。ユアタイムのあの未完成なギクシャクした雰囲気がたまらないですよね。すぐ終わるだろうけど。

 

忙しくて疲れちゃって机につけなくなりました。季節の変わり目はいつも怠くなります。

 

旦那の女癖が原因で離婚したのに再び女癖の悪い人と結婚した紀香の男性感は歪んでいると言わざるをあらへん。

 

おもてなしとか言ってないでこんな動画やらを沢山作って外国人を迎え入れたい。放っといても日本人はもてなす能力は高いと思われ。

 

まだ見られてる感覚を持ってツイートしてたな。今はもっと適当に呟いてます。

 

新入社員に向け呟いたおっさんの戯言。反響もなく社会的に無視され死にたくなる。

 

他人に絡みだした時期。とある有名ブロガーにとあるブロガーが絡むも一蹴された件。それに便乗するも反響もなく社会的に無視され死にたくなる。

 

ろくでなし子結婚についてのコメント。わかりますかねこの感覚。

 

 

おっさんの人生経験を精一杯絞り出し、時には上目線で真面目なコメントをするも、反響もなく社会的に無視され死にたくなる。

 
とりあえず4月くらいまでのツイートを適当に拾ってみました。まっあまり中身のない呟きが多いですな。また。
 

1泊2日がお勧めなスパリゾートハワイアンズでフラガールを観てきた

お役立ち 雑記

スパリゾートハワイアンズに1泊旅行に行って来ました

関東近県にお住まいの方ならば、スパリゾートハワイアンズのことを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。しかし、実際に行った人となるとかなり限られることでしょう。なんせ遠い。

福島県いわき市常磐藤原町という東京駅から車で約3時間という絶妙な遠さにあり、その他の観光地が集約しているとも言い難い地域な為、「容易に行くことが出来ない」というのが、多くの方の心境なのでしょう。

 

首都圏主要駅から出る無料送迎バスについて

無料送迎バス「ハワイアンズエクスプレス」(ご宿泊者専用)|スパリゾートハワイアンズ

 

スパリゾートハワイアンズでは、施設内宿泊施設の宿泊客に対し、首都圏主要駅(東京、新宿、さいたま新都心、横浜、立川、渋谷、千葉、池袋、西船橋、松戸、北千住)から無料の送迎バスであるハワイアンズエクスプレスを運行しています。(要予約)

東京駅からの交通費の参考

  • 電車の場合:往復 12,340円
  • マイカーの場合:往復 約10,000円
  • 送迎バスの場合:無料

自分で運転しないってことは何より楽だし、運転を気にせずお酒も飲める(バス内は禁酒)ということです。しかもホテル前の玄関まで送迎してくれるという太っ腹なサービスです。首都圏在住で日帰りには遠い距離の方は、この送迎バスを利用するために1泊宿泊を選択するのも全然ありだと思います。というか、交通費が浮くので日帰りも一泊も費用は変わりませんし、日帰りだと運転役の人は逆に疲れちゃいますから絶対宿泊プランですよ。

 

スパリゾートハワイアンズ施設内宿泊施設について

スパリゾートハワイアンズには、それぞれが若干テーマを変えた3つの宿泊施設があります。

施設のホームページから紹介文を引用

モノリスタワー

丘の上にそびえ立つモノリスが、新しく生まれるホテルの姿です。コンセプトは「ハワイアン&スパ」。それは単なるハワイ風ではない、ハワイアンズ流という、先進のネオ・ジャパネスク・リゾートです。

ホテルハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズに連絡通路でアクセスできる大型ホテル。和室を中心に、和洋室、シングルルームと全305室のスタンダードタイプの部屋では、ゆったりおくつろぎいただけます。

ウィルポート

地中海のリゾート地、リビエラをコンセプトにしたリゾートホテル。ホワイトを基調とした館内は、天窓から太陽の光が降り注ぐ明るいアトリウムを中心に、船をモチーフとしたキャビンと呼ばれる客室が左右に並びます。 

 僕は、これらのうち最も口コミの内容が合いそうなモノリスタワーに宿泊しました。従って、その他の施設の詳細は解りませんが各施設ともに外観は綺麗そうでしたし、口コミ評価も良い内容が多かったです。どこに宿泊しても後悔はなさそうな気がします。

 

モノリスタワーについて

僕は数ある部屋の種類うち、ハワイアンジャパネスクルームという一番ランクの低い和室付きの部屋を選びました。朝食・夕食・2日分スパリゾートハワイアンズ入場券付きで18,000円くらい。もちろん上述のとおりバス代は無料なので、1泊2日の旅行が交通費込みと考えれば、かなりリーズナブルなのではないでしょうか。

 

玄関ロビー

玄関ロビーには、ロビー中央に聳え立つバニヤンツリーの巨木があったり、ソフトバンクPepper君が居て子どもたちの良い遊び相手になっていたり、ミネラルウォーターに果物などを入れた「フレーバーウォーター」が常備されていたりと、チェックインまでの空き時間を使いバス移動で疲れた体を癒やすことができました。

f:id:the99:20160430152938j:plain

人をダメにするソファーが多数設置されています

 

客室(ハワイアンジャパネスクルーム)

僕の宿泊したハワイアンジャパネスクルームは一番安い部屋ですが、こんな感じに広々していてとても綺麗です。子ども連れの方も和室が併設されているので、ゆったりと過ごせるでしょう。その他の部屋も種類が豊富で、様々な年代や家族構成に対応できる作りとなっています。ホームページから自分に合う部屋を探してみましょう。(お部屋のご案内|スパリゾートハワイアンズ

f:id:the99:20160430153019j:plain

 

部屋からの眺め 

窓からは絶景が。と言いたいところですが、ハワイ感は皆無のTHE日本の田舎風景です。施設内を楽しみましょう。

f:id:the99:20160430153345j:plain

この枯れた感じがたまりません

 

ディナー(モノリスタワーのフレンチポリネシアンビュッフェ)

モノリスタワーのディナーはハワイ料理を中心とした様々な料理のバイキング形式となっています。美味しいと聞いていましたが味はイマイチ。。肉類が僕には少し固くて油っこく感じました。あと、庶民には少しお酒が高い(生ビール800円とか。。)。

f:id:the99:20160430153539j:plain

 

大浴場について

モノリスタワーの1階にある大浴場は露天風呂あり、サウナあり。居心地良いところでした。僕は、午後3時に出発する帰りのバスの前にひとっ風呂浴びてから帰ったのですが、運良くその時間帯は空いていて広い露天風呂が貸切でした。

 

スパリゾートハワイアンズのメイン施設について

肝心のスパリゾートハワイアンズのメイン施設は、ウォーターパーク、スプリングパーク、スパガーデンパレオ、江戸情話与市の4種類の施設に分かれています。(別料金の施設は除きます)。暖房が効いていて、プールの水もぬる目になっていて、夏以外でも屋内でハワイを味わえるというコンセプトは非常に面白いと思います。

 

ウォーターパーク 

小さめの流れるプールと普通のプール、子供用プール、3種類のウォータースライダー等があります。大人が行ってプール遊びを楽しめるってことは無いかと思いますが、浮き輪に浮かんでのんびり過ごしてる分にはありではないかなと思います。

一番高いところからのウォータースライダー(ワンダーブラック)は楽しかったですよ。繁忙期を避けて行ったのでほぼ並ばずにできたのも良かったです。

f:id:the99:20160430162129j:plain

 

スプリングパーク

温泉プールやミストサウナなんかがありますね。こちらはどちらかというと大人向け、浸かりながらのんびりしてました。まずまずですね。

 

江戸情話与市

後述しますが、当日はかなり寒かったので僕はスパリゾートハワイアンズまで来てここの温泉でかなりの時間を過ごしました。サウナもあり、割りと広めの露天風呂のある江戸情話与市はかなりおすすめ。ここにある蕎麦屋もかなり美味しかったです。

 

スパリゾートハワイアンズは常夏か

僕は3月に行きましたが、2日のうち天候の悪い1日は寒くて泳ぐ気にはなれませんでした。ウォータパークにいても、スプリングパークにいても寒すぎてダメだったので、江戸情話与市で多くの時間を過ごしました。

光熱費の採算問題があるのでしょうが、ハワイをテーマに掲げているなら絶対にあってはならないことだと思います。多くの方のレビューにも出ているにも関わらず、改善していない様で、そこは残念。

あと、大人だけで行くならプールに過度な期待をしては行けません。あくまで、のんびりしに行くための施設と考えた方がいいと思います。一方、宿泊して送迎バスで行けば、パパも運転係にならずに済みますし、子ども連れの方にはかなりおすすめですね。

 

フラガール・ショーについて

個人的には、この施設一番の見所は、プロのフラガールたちによるダンスショーだと思います。ダンスショーは昼の部と夜の部に別れていてそれぞれコンセプトが異なる様ですが、どちらかを見るのなら夜の部「ポリネシアン・グランドステージ」が断然お勧めです。特に、僕のオススメする一泊バスツアーで行くのならば絶対に夜の部で見ることをお勧めします。ファイアーダンスもそうですが、妖艶な照明の下みるダンスは明るく楽しく、神秘的なものでもあり感動しますよ。

 

フラガール・ショーの席予約は絶対取った方がいい

ちなみにこのショーには予約席が用意されています(3月ですら結構混雑してました)。自由席でも楽しむことは出来ると思いますが、それほど高くもないので折角なら予約席を取っておくことをお勧めします。飲み物半額券(普通に買うと高いんです)がついていて、実価格は本当に幾らでもないですから。

ちなみに僕は、一番良席のSS席(1,200円 1階前列 1~5列目)を取りました。ダンスショーのあと、フラガールと記念撮影もできる席なので正解でした。

f:id:the99:20160430193823j:plain

お子さんを連れて行くと、一緒に踊ろうみたいな感じのイベントもあって、一生の思い出になるでしょう(席種は問いません)。

f:id:the99:20160430194149j:plain

 

スパリゾートハワイアンズに行く前に、映画「フラガール」 を絶対見ること

かつては炭鉱夫の街であったこの地域にスパリゾートハワイアンズが創設された際の、村をあげての奮闘を描いた物語を蒼井優主演(出演:松雪泰子豊川悦司ほか)により映画化されたのが映画「フラガール」です。必ず事前に鑑賞してから行きましょう。観てから行けば楽しさ本当に2倍です。(ステマじゃないですよ。映画単体としても自信を持ちオススメできる名作です。)

f:id:the99:20160430223917j:plain

映画撮影で使われた衣装や台本などが展示されています

フラガール(スマイルBEST) [DVD]

フラガール(スマイルBEST) [DVD]

 

 

まとめ

もちろんディズニーと比較してスパリゾートハワイアンズが上とは言いません。他に優れた施設も沢山あるでしょう。ただ、送迎バスの存在を加味すれば非常にコスパは高いと思いますし、映画「フラガール」を見たら本物のフラガール・ショーが見たくなることでしょう。それを見に行くだけでも十分に元が取れるというほど、ショーのクオリティーは高く、プロフェッショナルの魂を感じられる素敵なショーでした。

 

スパリゾートハワイアンズの良い所
  • 首都圏主要駅から無料送迎バスあり。運転不要かつリーズナブル
  • 従業員は親切で感じが良い。宿泊施設の質がまずまず高い
  • 小さな子供はプールを、お年寄りは温泉を、幅広い年齢層が楽しめる
  • 江戸情話与市(温泉・蕎麦屋)のレベルが高い
  • ウォータースライダー(ワンダーブラック)が面白い
  • なによりもフラガールショーが素晴らしい

 

スパリゾートハワイアンズのダメな所
  • 天候が悪いと施設内にも関わらず寒い時がある(全くハワイじゃ無いレベル)
  • 観光施設とはいえとてつもなく物価が高い。気持ちが萎えました(売店で売ってる生ビール800円、自販機の缶ビール350mlが500円くらい、ポテチが300円など、全てが通常の2~3倍価格です。部屋で飲食するお酒やお菓子は絶対に持ち込みましょう。近隣にコンビニなどはありません)
  • 行楽日(GWやお盆)などは混雑がひどそう 。3月でもガラガラではなく程よい混雑具合でした

若者に「努力は報われるの?」と聞かれたら僕は何と答えるだろう

雑記

10代前半の少年に「努力をすれば報われるか」と真剣に聞かれたのならば、僕は「努力は報われる」と答えるだろう。40代の中年男性に同じことを聞かれたのならば、僕は「解らない」と答えるかもしれない。

f:id:the99:20160427000103j:plain

上記の短いセンテンスの中には、何気ない質問により揺さぶられる僕の心理が投影されていて、それに対する答えにも僕の苦い過去や経験が影響を与えている。言葉にするのは難しく、仮に伝わらなかったら頭のおかしい、下手くそな文章とかしてしまうけれど、面白いことなので可能な限り表現してみようと思う。

 

まず、努力をしたからといって成功するとは限らないということは今更言うまでもないと思う。ならば、なぜ10代前半の少年の問いに僕は「報われないこともある」ではなく、「報われる」と答えるのか。

これまた使い古された言葉であるが、まず若さには無限の可能性がある。それに人が成功するためには努力をすることが必須であるから、少年に努力を促す意図もある。

それらに加え様々な経験を経た僕の考えていることとして、努力した人にとっての成功は努力を経ていくうちにひとつでは無くなるという考えがある。

 

例えば、サッカー選手になりたいと努力をした人がサッカー選手になれなかったら、厳密に言えばそれは「真の成功」では無い。しかし、僕はその目標に向け真剣に努力した人間には、その人の才能に相応しいポジションがいつの間にやら天から与えられるものだと考えている。例えば、スポーツトレーナーだったりサッカー記者だったり。ひょっとしたら全く別の仕事かもしれない。

選手にはなれなかったかもしれないけれど真剣に努力した人のことは誰かが必ず見ていて、その誰かがいつか手を差し伸べてくれる。いわば「準成功」と言える様なポジションへと導かれていく。人生とはそういうものなんだと僕は思う。

 

だから僕は、10代前半の少年に「努力をすれば報われるか」と聞かれたら、「努力は報われる」と答える。とにかく我武者羅に努力すべきだと答える。直接的なもので無いにしろ、必ずその努力をした経験は糧になり報われるのだ。

 

一方、40代の中年男性に「努力をすれば報われるか」と聞かれたのならば、僕は「解らない」と答える。それは、努力をするのに歳を取り過ぎているからではない。

40歳からサッカー選手になることは不可能に近いかもしれない。ただ僕は、道は狭まれど歳を重ねても努力は報われると思っているし、時間が限られる中で努力を続けていればむしろ成功のための競争相手が限られているからある種成功し易いとも言える。だからむしろ歳を取ってからこそ努力をすべきであると考えている。

 

それを踏まえたうえで、40代の中年男性の「努力をすれば報われるか」との質問に、僕が「解らない」と答えるのは、40代になってその質問をするということが、つまり、それまでの人生でその中年男性が努力をしたことが無いということを表していると考えるからだ。努力することを知らないままに歳を取ってしまった人だということをその問いが意味しているからだ。

 

僕は、10代20代30代で努力できなかった人間が40代から努力を出来る様になるとは思えない。ましてや50代60代でもだ。10代で頑張れなかった奴は20代でも頑張れないし、30代になればもっときつい。時間的にも体力的にも。そんなことを解っていながら頑張ってこれなかった奴が、40代で頑張れるとは思えない。努力の意義や、努力を経て成功・準成功することの喜びを知らない奴が、時間的にも体力的にキツイ状況で、人一倍努力できるとは思えない。

そんな人に対し「努力は報われる」なんて答えることは無責任だし、逆に「努力は報われない」なんてことをいうのは残酷だ。というかそんな人には関わりたくもない。

 

最後に、勘違いしてはいけないこと。

努力にはポジティブなものとネガティブなものがあるということ。

1.成功のために耐えて鍛錬する状況に身を置くこと。(ポジティブ)

2.過去の努力が足りなかったために苦しい状況に身を置くこと。(ネガティブ)

 起業するために色々な困難を乗り越える時期は1だし、ブラック企業に就職し夜分遅くまで労働しているのは2かもしれない(もちろん企業の法律違反は断固否定する)。2の状況を1と混同してはいけない。2をしているのに報われないなんてことを考えるのは滑稽そのものであって、過去の努力不足を補うため正しいベクトルで人一倍努力し続けなければならない。そうしているうちに1のステージへと舞い戻れ、そこからが成功に向けた努力の始まりなのである。

なぜ、あなたの話はつまらないのか?

なぜ、あなたの話はつまらないのか?